真珠光沢顔料【シンジュコウタクガンリョウ】
 
用語解説
真珠光沢顔料とは
パールやメタリックのような輝きを与える顔料のこと。キラキラした粉末でパール顔料やパール剤とも呼ばれる。
もっと詳しい「真珠光沢顔料」
真珠光沢顔料は特殊な光学的効果を生かし、塗布した部分にパール感メタリック感を演出する顔料です。
着色顔料が光の吸収や散乱の現象を利用して色を感じさせることに対し、真珠光沢顔料は光の干渉作用を利用したものです。塗布した部分で配列した薄片状の粒子が反射した光が互いに干渉することにより真珠のような光沢が発せられます。
基本的な真珠光沢顔料には、魚燐箔、雲母チタン、ホウケイ酸やケイ酸などのガラス系、オキシ塩化ビスマスがあります。雲母チタンにさらに他の顔料を被覆したり、マイカ酸化チタンを他の原料に変えたりすることで、特長ある真珠光沢顔料がつくられています。
成分の関連用語
薬剤 旧表示指定成分
香り ポジティブリスト
ペレット ヒアルロン酸ナトリウム
邦文表示名称 動物油
アニオン 安定化剤
ベタイン 白色顔料
基剤 タルク
天然成分 炭化水素
粉末成分 INCI名
有色顔料 安定型ビタミンC誘導体
ホワイトニング成分 天然原料
高級脂肪酸 ホホバオイル
水素添加 有機顔料
ペプチド 水添ヒマシ油
除毛剤 アルカリ性物質
当サイトのご利用に関して  |  サイトと会社の紹介  |  プライバシーポリシー  |  ガイドライン・事例早引き
Copyright(C) 2024 cosmeconcier.jp PC版へ