日本化粧品工業連合会【ニホンケショウヒンコウギョウレンゴウカイ、Japan Cosmetic Industry Association(JCIA)】
 
用語解説
日本化粧品工業連合会とは
日本化粧品工業連合会とは、化粧品の製造業者によって設立された化粧品業界の発展などを目的に活動する団体の名称。化粧品の品質や安全管理、基準、認可などに関する活動を行っており、通称として「粧工連」と呼ばれることが多い。
日本化粧品工業連合会の構成と活動内容
1959年7月24日に、化粧品業界の発展、国民生活の向上を目標に設立され、東京化粧品工業会、西日本化粧品工業会、中部化粧品工業会によって構成されています。化粧品に関する安全性保証や訴求、環境問題などの課題に対応したり、消費者の適切な購買行動を実現するための情報提供をしたりしています。PL相談室の設置や化粧品に関わる情報発信など一般消費者にとっても身近な活動をしています。海外も視野に入れた活動を展開しており、海外に対する日本の化粧品業界の窓口的存在にもなっています。
組織・団体の関連用語
日本ヘアカラー工業会 CTFA
全国油脂事業協同組合連合会 PETA
IFSCC 化粧品工業連合会
リーチ規則 リーピングバニー
米国パーソナルケア製品評議会 USDA
化粧品公正取引協議会 日本化粧品技術者会
インターカラー 粧工連
ISIC コスメティック エグゼクティブ ウーマン
日本化粧品工業連合会 BVP
CAS RN 日本流行色協会
米国化粧品工業会 HQ
CUDO コーシング
日本化粧品検定協会 IUPAC名
CoC認証 CAS登録番号
チェックツリーマーク ICID
当サイトのご利用に関して  |  サイトと会社の紹介  |  事例早引き
Copyright(C) 2023 cosmeconcier.jp PC版へ