無機顔料【ムキガンリョウ】
 
用語解説
無機顔料とは
鉱物や土、合成の金属化合物など無機物質から作られる顔料のこと。鉱物性顔料とも呼ばれる。
もっと詳しい「無機顔料」
無機顔料は古代から使われてきた色材で、酸化鉄を主成分とする赤土や黄土、天然の瑠璃など、天然の鉱物や石、土を粉砕して粉にした水や油に溶けない粉末です。紺青、朱、べんがらなどと言われる色が代表的で、有機合成色素に比べると色数が少なく、地味な発色で鮮やかさはありませんが隠蔽力や耐久性に優れ、ファンデーションに多用されます。

天然物は不純物が多く、色がくすんだものしか作れなかったり、色の安定性がなかったり、粒子が粗くて使い勝手が悪かったりすることもあり、現在では化学的に合成した酸化鉄や群青、紺青、酸化クロムなどを無機顔料として使っています。合成でも有機合成色素ほど鮮やかな色は得られませんが、耐光性や耐熱性、色の安定性に優れています。

無機顔料は使用特性から体質顔料着色顔料白色顔料真珠光沢顔料に大きく分けられ、さらに機能性顔料と呼ばれるものもあります。
成分の関連用語
膠原 全成分表示
出発原料 パパイン
安定型ビタミンC誘導体 溶質
ホログラム メチルパラベン
雲母チタン 染料
カチオン 鉱物由来原料
AA2G 天然色素
ロウ ツバキ油
防腐剤 UVフィルター
酸化鉄 天然原料
TMG ヒアルロン酸
安定化剤 増粘剤
臭い 油溶性
ビタミンC誘導体 ヒューメクタント
パラベンフリー トリメチルグリシン
当サイトのご利用に関して  |  サイトと会社の紹介  |  事例早引き
Copyright(C) 2021 cosmeconcier.jp PC版へ