W/O【ダブルオー(ウオーターインオイル)、Water in Oil】
 
用語解説
W/Oとは
W/Oとは、乳化形式の一つで油の中に水が点在しているタイプのこと。Water in Oilの略。
W/Oについて
W/Oは、油中水型乳化や油中水型エマルジョンとも呼ばれ、文字通り油の中に水が点在しています。この場合、水を内相、油を外相と言い、水が油に囲まれているような状態です。外側が油なので、肌に最初に触れた時は油っぽく、濃厚でリッチな感触があります。また、水となじみにくく水で洗い流すことはほとんどできないため、ウオータープルーフの日焼け止めなどにもよく使われる乳化タイプです。

化粧品だけでなく、食品にも乳化技術を応用したものがたくさんありますが、バターやマーガリンはW/O型としてよく例に出されます。
技術・処方の関連用語
有用性試験 水溶液
溶剤 基本成分
エキス 板状粉体
溶媒 無着色
基剤臭 試作品
無賦香 最終試作品
ウオータープルーフ 出発処方
W主剤 バイオテクノロジー
分子 親水性
オーパーダブル 低刺激
水溶性成分 処方開発
皮脂コントロール マイクロニードル
無香性 薬剤
水溶性 剤型
調香師 パヒューマー
当サイトのご利用に関して  |  サイトと会社の紹介  |  プライバシーポリシー  |  ガイドライン・事例早引き
Copyright(C) 2024 cosmeconcier.jp PC版へ