とろみ【トロミ】
 
用語解説
とろみとは
とろみとは、水よりも若干粘度が高い状態のこと。粘性ともいう。
とろみについて
「とろみ」と表現する場合、粘性がありながらも乳液より若干水っぽい状態を指すことが一般的です。化粧水やシャンプーなどの液状製品の粘度やテクスチャーを表現する際に使われる言葉で、化粧水のテクスチャーはとろみ系かシャバシャバ系の2つに分けて表現されることがよくあります。とろみは、使い心地をよくするための感触調整や中身外観の印象調整、垂れ落ち防止などを目的につけられ、多くは増粘剤を用います。
使い心地の関連用語
リッチ W/O
こっくり ずるずる
さっぱり シャバシャバ
テクスチャー 使用性
のび さらさら
ベタベタ O/W
吐出量 使用感触
つき ぎらぎら
こってり ノンスティッキー
こく 化粧くずれ
指止まり メイクくずれ
肌なじみ ライト
剤型 転相
噴霧量 しっとり
とろみ スティッキー
当サイトのご利用に関して  |  サイトと会社の紹介  |  プライバシーポリシー  |  ガイドライン・事例早引き
Copyright(C) 2024 cosmeconcier.jp PC版へ