オリーブ油【オリーブユ、olive oil】
 
用語解説
オリーブ油とは
オリーブの果実を圧搾して採取したオイルのこと。
「オリーブオイル」とも言う。
もっと詳しい「オリーブ油」
オリーブ油は、モクセイ科植物であるオリーブの熟した果実を圧搾して採取したオイルで油脂の一種です。透明感ある薄黄色~薄緑色の液体です。不飽和度が高く、オリーブ油を構成する脂肪酸としてはオレイン酸が多く、パルミチン酸やリノール酸も含まれています。
肌を柔軟にしたり、皮膚表面からの水分蒸散を防いだりする効果に優れるため、オイル製品や乳液、クリームなどによく使われます。
オリーブは古来から実は食用に、葉は薬用に使われてきました。

●表示名称とINCI名
【表示名称】オリーブ油、【INCI名】OLEA EUROPAEA (OLIVE) FRUIT OIL
成分の関連用語
親水性 UVフィルター
混合 硬化ヒマシ油
香り プロピルパラベン
コーシング 油剤
溶質 パール顔料
カラミン W主剤
水添 コラーゲン
ヒューメクタント レオロジー調整剤
酸化チタン 白色顔料
グリッター アラントイン
アスコルビルグルコシド ベース成分
除毛剤 馬油
苛性ソーダ IUPAC名
訴求成分 超微粒子酸化チタン
植物性香料 海洋深層水
当サイトのご利用に関して  |  サイトと会社の紹介  |  プライバシーポリシー  |  ガイドライン・事例早引き
Copyright(C) 2024 cosmeconcier.jp PC版へ