硬化ヒマシ油【コウカヒマシユ】
 
用語解説
硬化ヒマシ油とは
ヒマシ油に水素添加し固形状のオイルに変えた成分のこと。
もっと詳しい「硬化ヒマシ油」
常温で液体状のヒマシ油を水素添加したことによって、常温でも半固形~固形状を保つようになった成分です。油性基剤を安定させたり、肌に密着したりする効果があります。
主にメーキャップ製品に使われ、特にアイブローペンシルやリップペンシルといったペンシルタイプのメーキャップアイテムで、硬化ヒマシ油がペンシルの成型基剤としてよく使われます。

●表示名称とINCI名
【表示名称】水添ヒマシ油、【INCI名】HYDROGENATED CASTOR OIL
成分の関連用語
二酸化チタン 鉱物油
常水 アンホ界面活性剤
プロピルパラベン 誘導体
ヒアルロン酸 DPG
デオドラント 流動パラフィン
非自然原料 コーシング
有効成分 ジメチコン
合成成分 溶液
酸化防止剤 カラミン
着色成分 パール剤
IUPAC名 アルブチン
非親水性 安定化剤
海洋深層水 水溶性
ペプチド コラーゲン
体質顔料 水性成分
当サイトのご利用に関して  |  サイトと会社の紹介  |  プライバシーポリシー  |  ガイドライン・事例早引き
Copyright(C) 2024 cosmeconcier.jp PC版へ