毛穴の目立ち【ケアナノメダチ】
 
用語解説
毛穴の目立ちとは
毛穴が黒ずんだり開いたりして目立つ状態のこと。
詰まり毛穴や帯状毛穴、開き毛穴などの症状がある。
もっと詳しい「毛穴の目立ち」
顔の皮膚は体の皮膚より皮脂分泌の働きが強いためもともと毛穴が目立ちやすくなっています。

若い人や男性ホルモンが多めの人には皮脂分泌が活発なオイリースキンが多く、多くの皮脂を出すために毛穴も目立つようになります。この皮脂過剰型の目立つ毛穴は「開き毛穴」と呼ばれ、顔全体に見られます。予防と改善のためにはしっかり洗顔し、余分な皮脂はあぶらとり紙やハンカチに吸収させてこまめに取り除くことが大切です。

Tゾーンでも毛穴が目立つことが多くありますが、これは古い角質と皮脂が詰まることで毛穴が小さくポツポツ膨らんでる状態です。これは角質肥厚型で「詰まり毛穴」と呼ばれます。この場合、古い角質と皮脂が固まってしまうと角栓となり、特に小鼻はその角栓が黒ずんでより目立ってしまうことが多くあります。このタイプも予防には洗顔が大切ですが、詰まり毛穴が見られるようになったら洗顔に加え角質肥厚を改善するためのピーリング効果のあるお手入れや、詰まった角栓をパックで取り除くというお手入れも有効です。パックは毎日すると肌に負担になるので、やりすぎは禁物ですし、パック後の保湿も大切です。

また、目立つ毛穴は皮脂分泌が活発な肌だけではありません。真皮の衰えとともに肌がたるむと、毛穴も一緒に下方向に伸びてしまします。その結果、毛穴はしずく状に垂れ下がり開いたように目立つことがあります。これは頬に多い毛穴の目立ちでたるみ型の「帯状毛穴」と呼ばれます。お手入れとしては、コラーゲンの産生を促すアンチエイジングのお手入れが主流になります。

このように同じ開いた毛穴でもその原因が異なりますし、目立つ毛穴は全ての年代の肌にあらわれる肌悩みです。
ニキビの関連用語
毛穴の目立ち コメド
開き毛穴 成人性ニキビ
クレーター 面皰
帯状毛穴 アクネ菌
赤ニキビ ニキビ
ざ瘡 白ニキビ
思春期ニキビ 大人ニキビ
尋常性ざ瘡 アクネ桿菌
ブレミッシュ 詰まり毛穴
閉鎖面皰
当サイトのご利用に関して  |  サイトと会社の紹介  |  事例早引き
Copyright(C) 2021 cosmeconcier.jp PC版へ