レーベル
 
用語解説
レーベルとは
容器やパッケージに貼るために必要事項を印刷したステッカー状のもののこと。ラベルやシール、ステッカーとも言う。
もっと詳しい「レーベル」
容器パッケージ等の表面に貼り付けるもので、ステッカーになっていることが一般的です。それぞれの化粧品には法定表示だけでなく色調番号や使用感触タイプなど表示することが多くあります。それらを容器に直印するよりレーベルに印刷して、そのレーベルを容器に貼付した方が製造面での効率がよかったり、消費者にとっても読みやすかったりすることがあります。この場合、直印に対し、「レーベル対応」や「レーベル貼り」といった表現がよくされます。

また、別添能書1個ケースがない商品、小さい商品の場合、表示スペースが狭く商品特長や使用方法などを表示しきれません。このような商品には折りたたみ式のレーベルが貼付されていることがありますが、これはレーベルの一部をはがすと説明が書かれた文面が広がるしくみとなっています。

その他の関連用語
Rをつける 角丸
有型 開梱
内装箱 一次包装
プレコンシューマ材料 既存型
ポストコンシューマ材料 板紙
包装 添付文書
外装箱 紙器
輸送梱 不織布
二次包装 レーベル
ふた Pシール
サシェ 台紙
レジン 外箱
材料
当サイトのご利用に関して  |  サイトと会社の紹介  |  事例早引き
Copyright(C) 2022 cosmeconcier.jp PC版へ