撹拌球【カクハンキュウ】
 
用語解説
撹拌球とは
容器を振った時に中身がよく混ざるように入れた金属製の小さな玉のこと。
もっと詳しい「撹拌球」
ネールカラーやサンスクリーン、デオドランドスプレーなどには、普段の状態では二層になっていたり、粉末やラメが沈殿していたりする中身がよくあります。それらは使用前に中身を均一に混ぜる必要がありますが、撹拌球が入っていると、容器を振ることで中身が混ざりやすくなります。容器を振るとカチカチと音がするのは撹拌球が容器にぶつかっている音です。
撹拌玉(かくはんだま)や撹拌ボール、シェーキングボールなどと呼ばれることもあります。
容器の関連用語
とんがりチューブ チャイルドレジスタント シニアフレンドリー
切り欠き表示 きざみ表示
口内径 コンパクトケース
クロージャー エアレス容器
フロストガラス ノズル
エンドシール 正立
既存型 レーベル
ボトル 直印
バリ 天面
腐食ガラス 広口ジャー
ディスペンサー 噴霧
スクイズ性 ポストコンシューマ材料
スクリューキャップ φ
本体容器 ワンタッチキャップ
ピルファープルーフキャップ とんがり中栓
当サイトのご利用に関して  |  サイトと会社の紹介  |  プライバシーポリシー  |  ガイドライン・事例早引き
Copyright(C) 2024 cosmeconcier.jp PC版へ