フレグランス化粧品【フレグランスケショウヒン】
 
用語解説
フレグランス化粧品とは
香りを楽しむことを目的として調香した化粧品のこと。
基本成分や香料の配合量によって呼び名や香りの持続時間が異なる。香水、オードパルファム、オードトワレ、オーデコロン、練り香水、芳香パウダー、芳香石鹸がある。
フレグランス化粧品の種類
フレグランスの種類別特長。香料の大よその配合率や剤型によって香りの持続時間や商品としての価格が変わります。
種類 香料配合率 基本成分 香り持続時間 特長
香水 15-30% アルコール、香料 5-7時間 濃度が最も高い。少量で香り、パルファムやパフュームとも呼ぶ。一般的に高価格
オードパルファム 7-15% アルコール、香料 4-6時間 香水より弱く、オーデコロンより強い香り。パフュームコロンとも呼ぶ
オードトワレ 5-10% アルコール、香料 3-4時間 数時間経つと香りがほんのり残る
オーデコロン 2-5% アルコール、香料 1-2時間 軽く香る
練り香水 5-10% 油分、香料 1-2時間。ワックスタイプなため付け方によっては4-5時間持続するものもある ミツロウやワセリンなどの油分に香料を添加したものでワックス状であるため携帯しやすい
芳香パウダー 1-2% 粉末、香料 1-2時間 のびがよくなめらかな感触の粉末に香料を添加したものでダスティングパウダーとも呼ぶ
芳香石鹸 1.5-4% 洗浄剤、起泡剤、香料 入浴時(洗浄時)のみに香るものから1-2時間持続するものもある 通常の化粧石鹸やホネケーキよりも香料を多く配合し、ほのかに香る
フレグランスの関連用語
芳香パウダー 消臭剤
匂い立ち 基剤臭
無賦香 香り立ち
コフレ 精油
微賦香 パフューマー
植物性香料 エッセンシャルオイル
脱臭剤 ダスティングパウダー
微香性 原料臭
オードトワレ フレグランス化粧品
パルファム 加齢臭
調香 マスキング賦香
サシェ 練り香水
フレグランス ムエット
調香師 無香料
パヒューマー パフューム
当サイトのご利用に関して  |  サイトと会社の紹介  |  プライバシーポリシー  |  ガイドライン・事例早引き
Copyright(C) 2024 cosmeconcier.jp PC版へ