真皮幹細胞【シンピカンサイボウ】
 
用語解説
真皮幹細胞とは
真皮幹細胞とは、真皮に存在する幹細胞のこと。真皮層内の血管周り存在する。
真皮幹細胞について
真皮幹細胞は、化粧品の世界でもアンチエイジング領域で注目されています。肌のたるみしわは、主に真皮の老化が原因で生じますが、その予防と改善には肌のハリや弾力を維持・向上させる必要があります。

そこで、肌のハリや弾力に大きく関わるコラーゲン線維エラスチン線維、ヒアルロン酸の産生を促すことが真皮の再生や修復につながるという考えがあります。コラーゲン線維やエラスチン線維、ヒアルロン酸は線維芽細胞が産生しており、さらにその線維芽細胞は真皮幹細胞が分化したものであることから、真皮幹細胞が注目されます。真皮幹細胞は加齢により減少することもわかっており、真皮幹細胞の機能を高める技術の開発・研究がすすんでいます。
当サイトのご利用に関して  |  サイトと会社の紹介  |  事例早引き
Copyright(C) 2022 cosmeconcier.jp PC版へ