セルフタンニング
 
用語解説
セルフタンニングとは
1.実際には日焼けをしないが他の方法で日焼けした肌を演出しようとすること
2.塗るだけで日焼けした肌を演出する化粧品のこと

タンニングとは「日焼け」の意味。セルフタニングとも言う。
もっと詳しい「セルフタンニング」
紫外線に当たることなるビーチでバカンスを過ごしたような肌を演出できます。
乳液やクリーム、ジェルなど様々な剤型のものがあり、ジヒドロキシアセトン(DHA)と言うセルフタンニング剤が角層の上層部を染めることによって、塗布後1時間~数時間後には肌を日に焼いたような小麦色に演出するという化粧品です。紫外線を浴びないため、赤みやヒリヒリ感などの症状やメラニン色素によるシミなどの心配がありません。染まった角層はターンオーバーによって剥がれ落ちるので、セルフタンニングの使用をやめれば1週間前後でもとの肌色に戻ります。
当サイトのご利用に関して  |  サイトと会社の紹介  |  事例早引き
Copyright(C) 2021 cosmeconcier.jp PC版へ