PMDA【ピーエムディーエー、Pharmaceuticals and Medical Devices Agency】
 
用語解説
PMDAとは
PMDAとは、厚生労働省管轄の独立行政法人である医薬品医療機器総合機構のこと。
PMDAはPharmaceuticals and Medical Devices Agencyの頭文字をとったもの。
PMDAについて
PMDAは、厚生労働省が、審査センター(国立医薬品食品衛生研究所医薬品医療機器審査センター)、医薬品機構(医薬品副作用被害救済・研究振興調査機構)、(財)医療機器センターの同一性の調査部門を統合し、より効率的に承認審査を進めることを目的に2004年4月1日に設立しました。薬品等の副作用・感染による健康被害の救済、医薬品・医療機器の承認審査、医薬品・医療機器の安全対策を三大業務としています。

美白化粧品など医薬部外品相当の化粧品の承認申請先はPMDAです(申請品目が告示*の範囲内の場合は製造販売業許可を取得した所在地の都道府県知事宛)。承認は厚生労働省から出されますが、そのための製品に対する品質や有効性、安全性などの調査を行っているのはPMDAです。申請前からの相談業務もPMDAで受け付けています。
*ここでいう告示とは「都道府県知事の承認に係る医薬部外品」(平成6年6月2日厚生省告示第194号)のこと。
当サイトのご利用に関して  |  サイトと会社の紹介  |  事例早引き
Copyright(C) 2023 cosmeconcier.jp PC版へ