シクロメチコン
 
用語解説
シクロメチコンとは
液状で無色透明、水を寄せ付けず吸収性や揮発性が高い揮発性油分。
もっと詳しい「シクロメチコン」
シクロメチコンはシリコン誘導体としてよく知られています。環状ジメチルシロキサン化合物で鉱物オイルの一種であり、無色透明の液状オイルで、水を寄せ付けず、肌に密着し、温度変化にも安定した揮発性のエモリエント成分でもあります。
揮発性が特に高いものはエアゾールなどの制汗剤によく利用されます。
揮発性がそれより低いものは、他の成分との組み合わせで様々な化粧品に利用され、例えば、細かいしわを目立たせなくする被膜形成成分として使われます。また、日焼け止め耐水性やサンドプルーフ効果、口紅の落ちない・にじまないといったロングラスティング効果、毛髪のコンディショニング効果などのために利用されます。


●表示名称とINCI名
【表示名称】シクロメチコン、【INCI名】CYCLOMETHICONE
当サイトのご利用に関して  |  サイトと会社の紹介  |  事例早引き
Copyright(C) 2021 cosmeconcier.jp PC版へ