アニオン界面活性剤【アニオンカイメンカッセイザイ】
 
用語解説
アニオン界面活性剤とは
水に溶解した時に親水基の部分が陰イオン(-)になる界面活性剤のこと。
もっと詳しい「アニオン界面活性剤」
界面活性剤にはたくさんの種類がありますが、大きく分けると4種類あり、水に溶けた時に親水基の部分がイオンとなるタイプが3種とイオンにならないタイプが1種あります。
イオンとなる3種類のうち、その界面活性剤が水に溶けた時に親水基の部分が陰イオン(アニオン)になるものがアニオン界面活性剤です。
アニオン界面活性剤の代表と言えば高級脂肪酸石けん、つまり成分としての石けんです。主用途である洗浄や可溶化以外に起泡力や脱脂力にも優れ、石けんやシャンプー洗顔料などによく利用されます。
当サイトのご利用に関して  |  サイトと会社の紹介  |  事例早引き
Copyright(C) 2022 cosmeconcier.jp PC版へ