キャビテーション【cavitation】
 
用語解説
キャビテーションとは
キャビテーションのメカニズムを利用した痩身エステ・施術のこと。キャビテーションとは空洞現象とも呼ばれ、一般的に減圧による発泡現象のことを言う。
もっと詳しい「キャビテーション」
空洞化現象の空洞とは気泡のことです。元々は船の水中にあるプロペラに発生する気泡のことを言いました。水が沸騰した時にぶくぶくするのもキャビテーションの一種で、液体は圧力が低下すると発泡します。船のプロペラも高速回転によって圧力が低下して泡ができ、この泡が破裂する際にはプロペラの働きを低下させるほど高い衝撃を発生します。

このメカニズムを生かした痩身施術に取り入れられているキャビテーションは、発泡した泡が消滅する際のパワーを脂肪・セルライトの解消に利用したもので超音波痩身とも呼ばれています。
痩身機器を用い特殊な超音波を部分痩せしたい部分にあてると、この超音波によって脂肪細胞にキャビテーションが発生します。キャビテーションが起こった脂肪細胞が破裂すると脂肪細胞中の中性脂肪が溶け出し、溶け出した中性脂肪は血液やリンパ液にのって流され排泄されるか、エネルギーとして消費されるという理論です。

キャビテーション現象の利用は美容業界で取り入れるよりずっと前から存在しています。例えばメガネ屋さんにあるメガネの超音波洗浄機もその一つで、超音波によって発生した細かい泡がぶくぶくする時の衝撃でメガネの汚れが落とされます。
超音波を利用したガン治療や結石破砕治療なども実用化されています。
美容施設・クリニックの関連用語
ピアスホール うぶ毛抜き
当サイトのご利用に関して  |  サイトと会社の紹介  |  事例早引き
Copyright(C) 2021 cosmeconcier.jp PC版へ