あかすり【アカスリ】
 
用語解説
あかすりとは
あかすりとは、専用のタオルで体の垢をこすり落とす韓国の伝統的な大衆エステのこと。
あかすりについて
韓国式エステ、韓国あかすりと言われるように、あかすりは韓国の美容法の1つとして日本にも定着しています。韓国では自分でもあかすりをしますが、チムジルバン汗蒸幕沐浴湯には、専門スタッフによるあかすりコーナーがあります。首から足先まで垢をすり落とし、最後にオイルでの保湿や簡単なマッサージ、シャンプーがつく場合もあります。また沐浴湯などでは、親が子のあかすりをするのは普通のことです。全身がつるつるになりさっぱり感を味わえ、老若男女問わず人気の韓国の大衆エステです。

あかすりに使う専用タオルは、手がちょうど入るほどの大きさで、四角い袋状をしており、鮮やかな緑色に黒い4本線が入ったデザインが代表的です。現在は、黄色、ピンク、チェックの模様のものや、隅が丸いものなど多様なデザインと色のものがあります。

日本でもスーパー銭湯やエステなどであかすりサービスが見られますし、専用タオルも購入しやすくなり、自宅で自分であかすりをすることも可能ですが、顔は避け、身体に行うことが基本です。また、擦りすぎは禁物ですし、日焼け後で肌が敏感になっている場合は行わないようにします。

専用タオルは、韓国語で「イテリタオル」と言います。「イテリ」とは韓国語でイタリアのことで、イテリタオルが開発された当初、タオルの素材がイタリアで生産されるものであったことから、そのように呼ばれるようになったと言われています。テスゴンやテタオルとも呼ばれます。韓国語でテが垢、スゴンはタオルの意味です。

「あかすり」の韓国語表記:때밀이(テミリ)
美容施設・クリニックの関連用語
うぶ毛抜き ピアスホール
当サイトのご利用に関して  |  サイトと会社の紹介  |  事例早引き
Copyright(C) 2022 cosmeconcier.jp PC版へ