サンバーン
 
用語解説
サンバーンとは
日焼けや雪焼けで赤くほてってヒリヒリすること。
もっと詳しい「サンバーン」
サンバーンはUV-Bによるもので紫外線が引き起こす急性皮膚炎の一つです。
紫外線を受けると表皮細胞がダメージを受け、これが刺激となって毛細血管が拡張することにより肌が赤くなり、ほてったりひりひりしたりします。ひどい場合は水泡ができます。紫外線を受けてから、8~24時間でピークに達し、炎症は数日間続きます。サンバーンを起こすほどの日焼けは遺伝子の損傷にもつながり、これを繰り返すと皮膚がんの要因にもなるので注意が必要です。サンバーンが2~3日続いた後、サンタンを引き起こすことがあります。
日焼けの関連用語
日光皮膚炎 日焼け
雪焼け サンプロテクター
サンタン化粧品 サンタン
光老化 サンバーン
二次黒化 紫外線皮膚炎
遅発型黒化 サンケア指数
当サイトのご利用に関して  |  サイトと会社の紹介  |  事例早引き
Copyright(C) 2022 cosmeconcier.jp PC版へ